【40代】薬剤師は未経験で転職可能なのか?平均年収と求人選びのポイント

転職
キメ子
キメ子

初めまして!キメ子( @kimeko01)と申します。こちらでは40代の薬剤師さんの転職で、意識しておきたいポイントをまとめています!

一般企業であれば、20代や30代と比べて40代の転職は非常に難しい状況です。

薬剤師の転職市場でも年齢が若いほど重宝されますが、いまだに薬剤師は人材不足なので、一部例外を除き40代でも問題なく転職することは可能です。

調剤未経験の40代薬剤師でも転職可能な職場もあるので、転職する際に意識すべきポイントなどをまとめてみました。

→40代の転職に強い薬剤師転職サイト見てみる

 

2020年の薬剤師転職サイトはこの3社を登録すればOK

→口コミを見る

求職者からの満足度が高く、ママ薬剤師からも好評な転職サイト

登録

→口コミを見る

幅広い求人に強いリクルート運営の転職サイト

登録

→口コミを見る

調剤薬局と派遣求人に強い転職サイト

登録

→薬剤師転職エージェントをもっと比較する

LINEで無料で相談をしています

40代の薬剤師でよくある4つの転職理由

40代の転職を考える薬剤師は、どのような理由から今の職場を辞めたいと思っているのでしょうか。

以上のような悩みを抱えている方が多いです。

 

1.年収が低い

先輩薬剤師がいてなかなか自分に管理薬剤師になる機会が回ってこなかったり、理由はさまざまですが、役職につかない一般薬剤師のままだと年収UPできません。

気づいたら周りよりも年収が低いと感じる薬剤師も多くいるようです。

また個人企業の場合は会社の収益により、給与条件が悪くなる事もしばしばあります。

 

2.同じ業務でスキルアップができない

毎日同じ業務を繰り返していると、自分で資格等を取らない限りはなかなかスキルアップが望めません。

薬剤師といっても、ドラッグストア・調剤薬局・病院など異業種間への転職は業務内容やポジションが違うため、大いにスキルアップする事が期待できます。

 

3.夜勤や品出しなど体力的に辛くなってきた

病院では夜勤、ドラッグストアでは品出し業務などがあり、年齢とともに体力面で辛くなってくる事も多いと聞きます。

給料アップは見込めますが、日勤のみの勤務と比べると体調を崩しやすいです。

家族とも生活リズムが合わなくなってしまうので、身体的にも精神的にも負担がかかってしまいます。

 

4.子育てが落ち着いたから復職したい

結婚や子育てにより離職していて、落ち着いてから復職を考えている女性薬剤師も少なくありません。

薬剤師の6割は女性なので、ブランクがあっても復職する人が多くいます。

 

40代の薬剤師に求められるのは経験と即戦力

40代の薬剤師は管理経験があれば圧倒的に有利になります。

求人をみると40代向けとして、薬局の管理職である『管理薬剤師』の求人があります。

管理薬剤師はこれといった資格が必要ではなく、薬剤師の資格や実務経験、管理職の経験があれば応募できます。

薬機法により、薬局では1店舗に対して1人はおかなければならないと決まっているため、高待遇で転職できる可能性があります。

管理職の場合は即戦力が求められるので、40代向けの求人と言えます。

キメ子
キメ子

40代の転職は今後のキャリアに大きな影響を与えます。定年後も働ける職場かどうかも抑えておきましょう!

 

40代の薬剤師は未経験でも転職できる?

40代の薬剤師は未経験でも転職できるのでしょうか?そこについてまとめてみました。

こんな感じとなっています。

 

1.ドラッグストアは未経験でも転職しやすい

ドラッグストアでは「OTC求人(一般用医薬品販売)」がありますが、主な業務は医薬品の説明・販売になります。

市販の医薬品の中には、薬剤師の説明を聞かないと購入できないものもあるため、調剤を行わない薬局などでも薬剤師は必要とされます。

その為、ドラッグストアは未経験でも転職しやすい職場です。

→ドラッグストアへの転職記事はこちら

 

2.調剤未経験の場合は調剤薬局の転職は難しい

40代で調剤薬局へ転職を考えている場合は調剤経験が必須です。

調剤経験がないと他の薬剤師の負担が増えてしまう為、たとえパートであっても受け入れ先がないというのが現状です。

最近は調剤薬局と併設しているドラッグストアも多い為、ドラッグストアへ転職する場合にも求められる事があります。

→調剤薬局への転職記事はこちら

3.病院と企業は未経験だとかなり難しい

急性期病院は年齢が高いというだけで受け入れてくれる事が難しく、とくに大病院になればなるほど転職するのは難しくなります。

また一般企業へ転職する場合は、よほどのコネクションがない限り未経験の状態で転職する事は不可能です。

大病院も製薬会社などの一般企業も高い経験を求められるので、40代での転職なら候補から外しておきましょう。

→病院への転職記事はこちら

→企業への転職記事はこちら

 

40代薬剤師の平均年収はどのくらいなのか?

  男性 女性
全年齢の平均 575万円 524万円
 35 ~ 39歳 654万円 560万円
 40 ~ 44歳 674万円 581万円
 45 ~ 49歳 655万円 613万円
 50 ~ 54歳 682万円 565万円

※厚生労働省実施の平成30年賃金構造基本統計調査のデータを引用

40代の平均年収は男性は650~670万、女性は580~610万前後です。

男性は40代になるとかなり平均年収が高くなり、女性に関しては40代後半が全年齢の中で年収のピークとなります。

まあ一応平均はこんなものだと覚えておきましょう。

ただ平均はこれだからといって、この年収で転職できるわけではありません。そこには注意が必要です。

 

40代薬剤師の転職で意識しておきたいポイント

40代から転職を考えるとなると次の転職を最後だと考えるので慎重に選ばなければなりません。

そこで、これから転職を考える際に意識しておきたいポイントをまとめました。

このような感じです。

 

1.複数の転職サイトに登録する

転職を考えているなら複数の転職サイトに登録する事がオススメです。

複数登録する事によってかなりの求人数が収集できますし、転職サイトの競合により静賢がよくなるので転職活動を有利に進める事ができます。

転職サイトによっては医療機関との繋がりもあり、色々な条件に違いがあるケースもあります。

次の職場に好条件で入社する為にはいい担当者を見つける事も大切です。

 

2.経験豊富なコンサルタントに相談する

転職サイトに登録すると、経験豊富なキャリアコンサルタントに相談して転職を有利に進めることが可能です。

キャリアコンサルタントは非公開求人を探してくれたり、面接対策や書類の添削などのサポートをしてくれます。

ただしキャリアコンサルタントとの相性は非常に重要な要素であり、相性が悪いと満足いく転職が出来ない可能性があります。

それを避けるために、複数の転職サイトに登録してキャリアコンサルタントを比較することが重要です。

 

3.転職に有利な資格を取得しておく

有利な資格としては「認定薬剤師」があります。

研修認定薬剤師制度のもと、一定期間内に所定の単位を習得したと申請した後、認定される資格です。

また管理薬剤師は資格ではありませんが、経験があれば転職市場で有利に働き、薬局の規模によっては経営を任される可能性もあります。

以下に取得すると有利とされる資格を記載しておきます。

※その他主要な薬剤師の資格一覧はこちら。

 

4.経験者は管理職への転職も検討する

転職サイトを見ると、最初から管理薬剤師を募集しているドラッグストアや調剤薬局があります。

そのような求人は経験を求められますが、経験がある40代の薬剤師にとってはチャンスだと言えます。

キャリアアップに有利だとされる認定薬剤師の資格を持っている人も好条件で転職する事ができるため、管理職への転職も考慮しましょう。

 

40代の薬剤師におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング

キメ子
キメ子

続けて40代の転職でおすすめの転職サイトをご紹介します。

上記の3つです。参考までにどうぞ。

 

1位:マイナビ薬剤師

調剤薬局 ドラッグストア 病院 対応地区
4.0 5.0 4.0 全国
パート 派遣 企業 面談方式
4.0 未対応 5.0 対面面談
キャリアコンサルタントの評判 面接同行
良かった:26人 普通:3人 悪かった:8人 あり

マイナビ薬剤師は丁寧なコンサルティングが魅力の転職サイトです。

今後のキャリアを相談するという意味では最適です。大手の転職サイトの中でも一番評判が良いサイトでもあります。

最初に検討してみる価値はあります。

  1. サポート力に定評があり5年連続利用者満足度No.1(楽天リサーチ調べ)
  2. 調剤薬局、ドラッグストア、企業、病院全てに強い転職サイト
  3. 復職するママへの親身なサポートはかなり好評
  • 派遣を取り扱っていない
  • キャリアプランの相談に関してはやや弱め

マイナビ薬剤師の詳細はこちら

マイナビ薬剤師の口コミ・評判を見る

 

2位:リクナビ薬剤師

調剤薬局 ドラッグストア 病院 対応地区
5.0 5.0 5.0 全国
パート 派遣 企業 面談方式
5.0 未対応 4.0 電話面談
キャリアコンサルタントの評判 面接同行
良かった:13人 普通:13人 悪かった:11人 なし

リクナビ薬剤師は大手に強い転職サイトです。

リクナビ薬剤師は大手の転職に強いため、大手チェーンで管理薬剤師をやりたい、エリアマネージャーをしたい人にはおすすめです。

昇進を考えているのであれば、選択肢としてはありです。

  1. リクルートグループが母体の転職サイト
  2. 対応が非常に早く、スピーディーな転職が出来るのが魅力
  3. 調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業の全てに強い
  • 派遣を取り扱っていない
  • コンサルタントの質にバラつきがある

リクナビ薬剤師の詳細はこちら

リクナビ薬剤師の口コミ・評判を見る

 

3位:ファーマキャリア

調剤薬局 ドラッグストア 病院 対応地区
2.0 2.0 3.0 全国
パート 派遣 企業 面談方式
2.0 未対応 2.0 電話面談
キャリアコンサルタントの評判 面接同行
良かった:6人 普通:0人 悪かった:2人 なし

ファーマキャリアは年収アップとキャリアアップに強い転職サイトです。

オーダーメイド求人という基本サービスとして打ち出しており、その場で貴方に合った最適な求人を作り出してくれます。

他の転職サイトにないような好条件の求人を作り出せるのが、ファーマキャリの魅力です。

  1. 希望に合った求人ない場合は、好条件求人を作ってくれるオーダーメイド求人が魅力
  2. キャリアップ思考が高い薬剤師さんにおすすめの転職サイト
  3. 経験や知識が豊富なコンサルタントが在籍している
  • 求人数が全体的に少ない
  • 派遣に対応していない

ファーマキャリアの詳細はこちら

ファーマキャリアの口コミ・評判を見る

 

40代の転職活動の具体的な流れ

具体的な転職の流れ
  • STEP1
    自己分析

    まずは自己分析を行います。転職サイトに登録する前に以下の6つは明確化しておきましょう。

    1. 自分自身のキャリアとスキル
    2. 自分の強み・弱み
    3. 転職をしたいと思った理由・目的
    4. 現職でその目的は達成できないのか
    5. 転職先に求める条件は何か
    6. 転職後の5年後、10年後のキャリアについて

  • STEP2
    転職サイト登録

    良いコンサルタントと出会うためにも、2~3社の転職サイトに必ず登録をしましょう。

    →おすすめの転職サイトはこちら

  • STEP3
    面談

    サイト登録後に面談をして、求職者の希望条件をヒアリングします。これまでの経歴や希望の職種、勤務条件などを確認します。

    ちなみに転職サイトによって面談方法は異なります。

    対面面談は実際に会って面談をし、電話面談では電話を使って面談します。

  • STEP4
    求人紹介

    実際にヒアリングした条件を元に、あなたに合った求人を可能な限り数多く紹介されます。

    この時に明らかに変な求人を紹介してくるコンサルタントがいれば、転職サイトを絞るか、コンサルタントの変更を希望しましょう。

    →良いコンサルタントの見分け方

    →キャリアコンサルタントの変更方法

  • STEP5
    応募→情報収集

    気に入った企業が見つかったら、そちらに応募します。

    キャリアコンサルタントが応募の手続きを行い、応募書類の添削を行ってくれます。また就業先の情報収集もこの時に行います。

  • STEP6
    面接→条件交渉

    面接日の調整を調整して、模擬面接などの面接対策を行ってくれます。

    また合わせて年収、勤務条件などの条件を、キャリアコンサルタントが交渉します。

  • STEP7
    内定→入社

    無事に内定した後は、入社日や退職日のサポートをしてくれます。

    以上のような流れで転職活動を行います。

 

薬剤師は40代でも転職できるので大丈夫

一般企業での仕事と違って、国家資格である薬剤師は40代でも転職が可能です。

たとえ調剤未経験であっても働ける企業があるので最初から諦めず、転職サイトなどできちんと比較して自分にあった職場を見つける事が大切です。

これまでの経験により、以前よりもいい条件で転職した例は多くありますので、諦めずにキャリアコンサルタントを活用しながら転職活動を始めましょう。

キメ子
キメ子

40代の転職は薬剤師さんの場合は決して難しくありません。ポジティブに転職活動をしていきましょう!
 
ちなみに悩んだのであれば、まずは転職サイトを3つほど登録してみましょう。

 

40代におすすめの転職サイトをもう一度見たい方はこちら

 

薬剤師転職の記事をもっと見る

 

この記事のコメント

タイトルとURLをコピーしました