【必見】薬剤師の転職理由が気になる!よくある理由と円満退職のコツ

転職
キメ子
キメ子

初めまして!キメ子( @kimeko01)と申します。こちらでは薬剤師さんの転職理由を解説しています。

今の職場を辞めたいと思った時、本当にこのタイミングで辞めてもいいのか考えてしまいますよね。

まじめな人ほど辞めたいと思った理由を”甘え”なのではないかと考えがちです。

そこで、他の薬剤師が転職を考える時、『何を理由にやめているのか』調査してみました。

2020年の薬剤師転職サイトはこの3社を登録すればOK

→口コミを見る

求職者からの満足度が高く、ママ薬剤師からも好評な転職サイト

登録

→口コミを見る

幅広い求人に強いリクルート運営の転職サイト

登録

→口コミを見る

調剤薬局と派遣求人に強い転職サイト

登録

→薬剤師転職エージェントをもっと比較する

LINEで無料で相談をしています

薬剤師が離職を考えたきっかけをランキング!

「売り手市場」と言われている薬剤師の求人は、現在も非常に多く、一般企業と比べても転職に有利だと言うことが伺えます。

求人数が多い事で、よりよい条件を求めて転職活動を始めがちですが、具体的にどの様な事が原因で今の職場を離れる決断をするのでしょうか?

それでは解説していきます。

 

1位:人間関係

薬剤師の職場環境というのは、一般的に「限られた人数」「狭い空間」で業務が行われます。

人間関係が悪くなっても合わない人と関わらないようにする事ができず、気まずい空気の中、狭い空間で1日を過ごす事となります。

また、うまく連携が取れていないと外来処方箋が多い薬局などの場合、殺伐とした空気が漂ってしまい、業務に支障をきたします。

 

2位:収入・労働環境に関する不満

思っていた以上に残業が多かったり、休日が少ない、異動や転勤が多いなど、労働環境に関する不満から転職を考える人も多くいます。

繁盛期などは休みも取りづらい上に業務内容もハードなのですが、常に薬に関する知識は最新のものにしておかなけらばならないので常に学ぶ事も求められます。

こうしたハードな仕事量にも関わらずあまり給料をもらえなかったりすると、給料アップの為に転職を考える人も多いようです。

 

3位:スキルアップ・キャリアアップ

現在の職場に管理職である上司がいる場合、その上司が退職しないことには昇進が難しいという問題があります。

その為、管理薬剤師などの管理職に就ける求人を探す為に転職活動を始める人も多くいます。

また、現在の職場でやりがいを感じなかったりすると新しい仕事や知識を身に付ける為にスキルアップを目的とした転職を行う人もいます。

 

円満退職するために伝えたい転職理由とは

どんなに職場環境や人間関係が悪くても、辞める職場を悪く言ってしまうとあなた自身に悪い影響が降りかかってくる可能性があります。

自分が悪くなくても、波風たてることなく円満な退職をする事が大切です。

これらについて解説します。

 

1.本音を伏せて建前の理由を伝える

どの職場でも退職においては「立つ鳥跡を濁さず」という精神で円満退社をする事が望ましいものです。

本音を言ってしまっても現在の職場でトラブルを招いてしまう可能性の方が高く、お互いにメリットがありません。

また、薬剤師の業界は案外狭いので転職先にあなたの悪評が伝わってしまう可能性もあります。

退職理由としては、本音は伏せ、前向きな理由を考えておく事をおすすめします。

キメ子
キメ子

本音は人間関係での不満が原因だったとしても、そこはやはり本音は伏せておいて方がいいでしょう。

 

キャリアップをしたいは鉄板ですが、これまでの経験を生かして新しい職場でチャレンジしたいといった理由もありです。

 

詳細は「薬剤師転職の面接ではどんな質問をされる?回答例と正しい逆質問対策とは」の記事をご覧ください。

 

2.現在の職場で解決できそうにない理由にする

現在の職場の人数が少なかったり、長年働いていると退職を引き止められる場合があります。

特に退職理由が「現在の職場で改善策がみつかりそう」な場合はなかなか納得してもらえません。

ポイントとしては労働環境を改善しただけではどうにもならないような理由を選ぶ事です。

女性の方でしたら「主人の転勤」「結婚」「子育て関係」などがおすすめです。

キメ子
キメ子

薬剤師業界は狭いので嘘をつくのだけは止めておきましょう。バレたという話もよく聞きます。

 

本音の転職理由はさまざまだが、退職理由は慎重に考えよう!

薬剤師が転職をしようと思った理由は人によって様々ですが、円満退社を目差す為には退職理由を慎重に考える必要があります。

一般企業など、他の職場だったとしても、本音の理由を述べて退職する人はあまりいません。

建前の理由であっても、前向きな理由ならば現在の職場でトラブルになる事もなく、スムーズに退職する事ができます。

へんな引き留めなどに合わない為にも本音を述べる退職ではなく、誰もが納得できるような前向きな理由を考えましょう。

キメ子
キメ子

やっぱり人間関係は大事ですよね。病院薬剤師さんなどは人間関係で悩む人はかなり多いです。

 

ちなみに転職を検討している方は、転職サイトの利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

薬剤師転職の記事をもっと見る

 

この記事のコメント

タイトルとURLをコピーしました