【最新版】薬剤師派遣会社おすすめランキング|求人と口コミを比較

派遣
キメ子
キメ子

初めまして!キメ子( @kimeko01)と申します。こちらではおすすめの派遣会社の選び方を解説しています!

 

今現在、薬剤師の派遣を検討されている方は、是非ともご覧になってみてくださいね。

 

ちなみに今すぐおすすめの派遣会社を知りたい方はこちらへ

こちらでは薬剤師の派遣会社で、おすすめな会社を紹介しています。

本当におすすめな派遣会社を厳選したので、参考になるかと思います。ただし派遣は万人におすすめ出来る働き方ではありません。

基本的に派遣はキャリアアップや、スキルアップには繋がらないからです。

そこのリスクを理解した上で、高収入とワークタイムバランスの実現をしたいので、あれば派遣薬剤師はおすすめです。

※ただし正社員が副業目的で単発派遣するのは、個人的にかなりおすすめです。

管理薬剤師と公務員薬剤師が出来ないのですが、キャリアアップをしながら合間の時間で稼ぐことが可能です。

2020年の薬剤師派遣会社はこの3社を登録すればOK

→口コミを見る

派遣求人数が多く高時給派遣が充実

登録

→口コミを見る

高時給派遣が多く、3か月で育休が取得できる

登録

→口コミを見る

派遣求人数が非常に多く、単発派遣も充実している

登録

LINEで無料で相談をしています

失敗しない薬剤師派遣会社の選び方

こちらでは失敗しない派遣会社の選び方を解説します。

まずはこれらのポイントを押さえておきましょう。

 

1.高時給求人の多さを確認する

まずは高時給求人の多さを確認しておきましょう。

ちなみに派遣薬剤師の時給の相場は2,500円~3,000円辺りであり、3,000円以上の時給の求人は高時給と言えます。

当メディアでは時給4,000円以上の求人数をチェックして、その求人数を独自に集計しました。

 

2.単発派遣や紹介予定派遣の有無を確認

また単発派遣や紹介予定派遣に、対応しているか確認しておきましょう。

紹介予定派遣(※1)は多くの派遣会社が取り扱っていますが、単発派遣(※2)は大手では取り扱っていません。

そのため単発派遣が希望の方は必ずチェックしておきましょう。

業界で大手のファルマスタッフと、ヤクジョブは単発派遣は対応していないので注意してください。

※1:派遣終了後に正規雇用を結ぶ前提の派遣

※2:1日単位で数日働く短期間の派遣

キメ子
キメ子

ちなみに薬キャリに関しては単発派遣は基本的には取り扱っていません。ただ単発可能求人は掲載されています。

 

薬キャリに掲載されているファルメイトの求人などは、単発可能なものが多い印象です。

 

ただ薬キャリの単発派遣は、カレンダー方式で無いので非常に探しづらく、自分的にはあまりお勧めしていません。

 

3.コンサルタントには当たり外れがあると認識する

基本的にコンサルタントには当たり外れがあります。

派遣会社に登録した際にコンサルタントが付くのですが、そのコンサルタントの相性はピンキリです。

相性が良い人もいれば、どうしようもなく悪い人もいます。

その場合は素直にコンサルタントの変更を申し出ましょう。もしくは別の派遣会社を利用してみましょう。

 

4.派遣会社は複数登録が鉄則。複数登録前提で派遣会社を選ぶ

派遣会社は複数登録をしてみましょう。

複数登録のメリット・デメリットは以下の通りです。基本的にはメリットの方が多くなっています。

メリット デメリット
  • 求人の量と質をカバーできる
  • コンサルタントを選ぶことできる
  • 独占案件をカバーできる
  • 連絡の手間が増える
  • 2重応募に気を付ける必要がある

ただし複数登録をした後は、最終的に利用する派遣サイトは1個に絞りましょう。

基本的に良いコンサルタントに巡り合えたら、あとは一つの派遣サイトを継続的に活用するようにしましょう。

キメ子
キメ子

以上が派遣サイトを選ぶ際のポイントです!頭の片隅にでも入れておいて貰えると幸いです。

 

迷ったら登録したい薬剤師派遣会社おすすめランキング

続けておすすめしたい薬剤師派遣会社をご紹介します。

最初は上記の3つを検討してみましょう!

 

1.ファルマスタッフ

調剤薬局 ドラッグストア 病院 対応地域
4.0 5.0 3.0 全国
単発派遣 紹介予定派遣 高時給派遣 面談方式
非対応 4.0 5.0 対面面談
キャリアコンサルタントの評判 面接同行
良かった:8人 普通:5人 悪かった:7人 あり

薬剤師の派遣といえば、まずは検討したいのがファルマスタッフです。

ファルマスタッフは求人数、拠点数、高時給求人の数のどれをとっても最高峰の派遣サイトです。

派遣会社の中では特に面談に力を入れており、親身なサポートをしてくれると評判です。派遣ならまずは検討してみましょう。

  1. 薬剤師の派遣では業界で最大の規模を誇る派遣会社
  2. 高時給派遣の求人数が非常に多い
  3. 面接同行などのフォローが手厚いと評判がよい
  • コンサルタントの質にバラつきが多い
  • 単発派遣を取り扱っていない

ファルマスタッフの詳細はこちら

ファルマスタッフの口コミ・評判はこちら

 

2.薬キャリ

調剤薬局 ドラッグストア 病院 対応地域
4.0 3.0 5.0 全国
単発派遣 紹介予定派遣 高時給派遣 面談方式
非対応 4.0 4.0 電話面談
キャリアコンサルタントの評判 面接同行
良かった:6人 普通:11人 悪かった:8人 なし

薬キャリは求人数の多さが魅力の派遣会社です。

特筆すべきは派遣求人の多さです。業界でも最高峰の求人数の多さを誇ります。また高時給派遣の数も多めです。

コンサルタントの質にバラつきがあるのが欠点ですが、すぐに働きたい派遣であればそこまでネックになりません。

  1. 派遣の求人数が業界でも非常に多い
  2. 3か月で育休を取れるのは薬キャリの強味
  3. スピーディーな求人紹介に定評がある
  • 求人紹介がメインで細かいヒアリングまでしてくれない
  • コンサルタントの質のバラつきがかなり大きい
  • 単発派遣求人は基本的には取り扱っていない(求人自体はある)

薬キャリの詳細はこちら

薬キャリの口コミ・評判はこちら

 

3.アプロドットコム

調剤薬局 ドラッグストア 病院 対応地域
5.0 5.0 3.0 全国
単発派遣 紹介予定派遣 高時給派遣 面談方式
5.0 5.0 2.0 電話面談
キャリアコンサルタントの評判 面接同行
良かった:0人 普通:8人 悪かった:0人 あり

アプロドットコムは求人数の多さが魅力の派遣会社です。

調剤薬局やドラッグストア、単発派遣と紹介予定派遣のどれも数が多いのが魅力です。特に紹介予定派遣は非常に多いです。

また派遣薬剤師さん向けのe-ラーニングが充実しており、認定薬剤師の資格取得ができる点も嬉しいです。

  1. 派遣求人の取扱数が非常に多く、単発派遣に非常に強い
  2. 調剤薬局やドラッグストア、紹介予定派遣に強い
  3. 派遣薬剤師さん向けのeラーニングの講座が魅力的
  • 提案力が弱く連絡が遅いことが多い
  • 高時給派遣が少ない

アプロ・ドットコムの詳細はこちら

アプロ・ドットコムの口コミ・評判はこちら

 

その他登録を検討しても良い派遣会社一覧

そしてこちらでは、そのほかに登録を検討しても良い派遣会社を紹介します。

興味があれば検討してみてください。

 

4.ファルメイト

調剤薬局 ドラッグストア 病院 対応地域
3.0 3.0 3.0 全国(関東、大阪メイン)
単発派遣 紹介予定派遣 高時給派遣 面談方式
4.0 2.0 3.0 電話面談
キャリアコンサルタントの評判 面接同行
良かった:3人 普通:5人 悪かった:2人 あり

ファルメイトは最低時給保証が魅力な派遣会社です。

関東圏と関西圏限定で最低時給保証2800円+交通費支給というサービスを行っています。そのため首都圏在住なら検討する価値があります。

また全体の求人数に対する、高時給派遣の比率が多いのも特徴です。高時給に拘りたいなら登録をしてみましょう。

  1. 関東・関西圏で最低時給保証2,800円+交通費支給可能
  2. 単発派遣の求人が充実している
  3. 全体的な時給水準が高めの派遣会社
  • コンサルタントの質にバラつきがある
  • 求人数はやや控えめ(特に地方が少ない)

ファルメイトの詳細はこちら

ファルメイトの口コミ・評判はこちら

 

5.ヤクジョブ

調剤薬局 ドラッグストア 病院 対応地域
4.0 4.0 5.0 全国
単発派遣 紹介予定派遣 高時給派遣 面談方式
非対応 3.0 3.0 対面面談
キャリアコンサルタントの評判 面接同行
良かった:4人 普通:3人 悪かった:2人 なし

ヤクジョブは株式会社クラシスの運営する派遣会社です。

ヤクジョブは求人数の多さが魅力であり、調剤薬局、ドラッグストア、病院の派遣が非常に多いのが特徴です。

さくら薬局を展開するクラフト株式会社が母体であり、創立から20年以上の実績を持つ派遣会社です。

  1. 求人数の多さが魅力的な薬剤師派遣会社
  2. 調剤薬局、ドラッグストア、病院派遣がバランスよく強い
  3. K-POINTというキャッシュバックサービスが魅力
  • 連絡がやや遅めで、直ぐに求人がほしい人には向いていない
  • 単発派遣を取り扱っていない(2019年3月で終了)

ヤクジョブの詳細はこちら

ヤクジョブの口コミ・評判はこちら

 

6.メディプラ薬剤師

調剤薬局 ドラッグストア 病院 対応地域
2.0 2.0 2.0 全国
単発派遣 紹介予定派遣 高時給派遣 面談方式
4.0 2.0 2.0 対面面談
キャリアコンサルタントの評判 面接同行
良かった:6人 普通:0人 悪かった:3人 あり

メディプラ薬剤師は単発派遣を探したい場合はおすすめです。

またメディプラ薬剤師の派遣は福利厚生が充実しており、継続勤務するたびにM-POINTというポイントを貰えます。

このM-ポイントを様々なアイテムやサービスと交換できます。

またメディプラ薬剤師は大手とは違い、求職者担当とクライアント担当を兼任しているためマッチング精度が高いのが魅力です。

  1. 単発派遣が充実しており探しやすい
  2. 福利厚生が充実しており、M-POINTというポイントサービスが魅力
  3. マッチング精度が非常に高い派遣会社
  • 求人数が非常に少ない
  • コンサルタントの質にバラつきがある

メディプラ薬剤師の詳細はこちら

メディプラ薬剤師の口コミ・評判はこちら

 

要望別のオススメの派遣会社

キメ子
キメ子

続けて要望別のおすすめ派遣会社を紹介します!

参考にしてみてくださいね。

 

1.求人数が多い派遣会社を希望

→口コミを見る

派遣求人数も多く、高時給な派遣を多く揃えている

登録

→口コミを見る

派遣の求人数はトップクラスで紹介予定派遣も多い

登録

求人数の多さでは上記の2社がおすすめです。

ファルマスタッフは求人数が多く、高時給求人数も多く取り扱っています。アプロ・ドットコムは単純な求人数は最高峰です。

 

2.単発派遣に強い派遣会社を希望

→口コミを見る

単発求人の数が非常に多い

登録

→口コミを見る

単発求人数が多い

登録

→口コミを見る

単発求人数が多い

登録

単発派遣なら上記の3社を検討してみましょう。

アプロは単発派遣の求人数が非常に多いのが魅力です。ファルメイトやメディプラ薬剤師に関しても単発派遣の数の多さには定評があります。

※管理薬剤師と公務員薬剤師は、副業で単発派遣を行えないので注意です。

 

3.高時給派遣に強い派遣会社を希望

→口コミを見る

高時給派遣の数が非常に多い

登録

→口コミを見る

高時給派遣の数が多い

登録

高時給派遣なら上記の2社がおすすめです。

ファルマスタッフは高時給派遣の数が非常に多く、真っ先に検討したい派遣会社です。同様に薬キャリも高時給派遣が多いです。

 

4.紹介予定派遣に強い派遣会社を希望

→口コミを見る

紹介予定派遣の数が多い

登録

→口コミを見る

紹介予定派遣の数が非常に多い

登録

→口コミを見る

紹介予定派遣の数が多い

登録

紹介予定派遣を検討したい場合は上記の2社がおすすめです。

ファルマスタッフは紹介予定派遣の数が多いので検討する価値があります。アプロ・ドットコムは紹介予定派遣の数なら最高峰です。

 

5.フォローや研修が充実した派遣会社を希望

→口コミを見る

セミナーや研修が非常に充実している

登録

→口コミを見る

e-ラーニングが充実しており、認定薬剤師の資格も取れる

登録

フォローや研修が充実した派遣会社なら上記の2社です。

ファルマスタッフはセミナーや研修が充実しており、求職者からの評判が良いです。また面接動向などのフォローも手厚いです。

アプロ・ドットコムは派遣者向けのe-ラーニングが充実していて、認定薬剤師の資格取得も可能です。

 

6.出張派遣でおすすめの派遣会社を希望

→口コミを見る

出張派遣が充実

登録

出張派遣でおすすめな派遣会社はメディプラ薬剤師です。

出張派遣はその名の通り引っ越しをして、数か月間滞在する派遣方式です。時給も高くなりやすく出稼ぎのようなイメージです。

単身の方でお金が欲しいのであれば、検討する価値はあります。

 

薬剤師の派遣会社選びのQ&A

キメ子
キメ子

続けて薬剤師の派遣会社選びでよくある質問をまとめました。

興味のある方は見てみてくださいね。

 

Q1.薬剤師が派遣をするメリット・デメリットは?

A.メリットはワークタイムバランスの良さです。デメリットはキャリアアップに繋がらないことです。
派遣薬剤師のメリット 派遣薬剤師のデメリット
  • 圧倒的に高収入であること
  • 勤務時間の融通が効きやすい
  • 職場を変更しやすい
  • スキルアップもキャリアアップも出来ない
  • 同じ職場に長く務めることはできない
  • 今後、厳しくなっていくことは間違いない

派遣薬剤師には上記のようなメリット・デメリットが存在します。

高収入とワークライフバランスを重視するのであれば、派遣という選択肢は非常に魅力的です。

独立開業するためと割り切って派遣をしている人もいますし、薬剤師以外に投資やWEBビジネスで生計を立てている人もいます。

派遣薬剤師はフリーランスのような立ち位置に近い働き方だと言えます。

ただしキャリアップやスキルアップは望めないというデメリットもありますし、今後は派遣市場自体が縮小していく点も注意です。

そのため独立志向の強い人か、現状でどうしてもお金が必要な人以外はあまり推奨できないのが派遣というワークスタイルです。

 

Q2.薬剤師派遣会社はどうして無料で利用できるの?

A.派遣先からマージン(手数料)を貰っているからです。

こちらの時給が3,000円でマージン率が35%だとした場合は、就業先の薬局やDgSはマージン分を含めた4,050円を派遣会社に支払っています。

その中で3,000円は求職者の給与となり、1,050円は派遣会社の利益となります。

だから派遣会社は無料で利用できます。ただ注意してほしいのはマージン分があるので就業先の金銭的な負担が正社員よりも大きい点です。

ですから正社員が足りてしまえば、派遣需要が無くなる点は留意しておくべきです。

 

Q3.良いコンサルタントを見極めるポイントは?

A.以下に見極めるポイントをまとめてみました
良いコンサルタントの特徴 悪いコンサルタントの特徴
  • 業界の知識に精通している
  • 話をよく聞いてくれて適切な回答をしてくれる
  • 求職者のために時には厳しい意見も言ってくれる
  • 転職をムリに進めずに冷静なアドバイスをくれる
  • ノルマに追われて強引な転職を勧めてくる
  • 高圧的で上から目線
  • メールや電話のレスポンスが遅い

大体こんな感じです。上記の良い特徴に当てはまるコンサルタントは優秀で、悪い方に当てはまるコンサルタントは地雷です。

しっかりと見極めて、悪いコンサルタントだった場合は変更してもらいましょう。

→キャリアコンサルタントの変更方法はこちら

 

Q4.面談方式は対面と電話どちらがよいの?

A.理想は対面面談、でも難しい場合は電話面談もあり。

理想は対面面談ですが、電話面談でも問題はありません。ファルマスタッフやヤクジョブなどは対面面談方式を取っています。

実際に会って話したい方は、対面面談方式の派遣会社を選択してみましょう。

 

Q5.キャリアコンサルタントの変更はどうすればいいの?

A.直接メールするか、派遣会社の問い合わせから変更依頼しましょう。

直接メールをするか、派遣会社の問い合わせから変更依頼をしましょう。素直にコンサルタントが合わなかったと伝えるだけで十分です。

基本的にどちらのパターンでもすぐに対応してくれます。

なぜかというと派遣会社からすると、明確なクレーム対応だからです。そのため遅くとも翌日には変更してくれるケースが大半です。

 

Q6.今後は薬剤師の派遣需要が無くなっていくのは本当?

A.残念ながら本当です。既にその傾向は始まっています。

理由としては2つあります。1つめは首都圏では既に薬剤師は買い手市場になりつつあるからです。

東京は大阪などでは既にその傾向が出ており、フルタイムで働けなければ派遣先が見つからないというケースも出てきています。

負担のデカい派遣薬剤師よりも新卒を雇ったほうが良いので、薬剤師の数が多い首都圏では派遣需要が少なくなっています。

それと2つめは国の方針と逆行している働き方だからです。

国としてはかかりつけ薬剤師制度を推奨しており、患者と密接に関わった薬剤師を増やそうという取り組みをしています。

派遣薬剤師は同じ職場で長期間働けないので、国の方針と完全に逆行しています。

今はまだ大丈夫ですが、今後は不利になることはほぼ間違いないことはしっかりと認識しておきましょう。

 

Q7.単発派遣や病院派遣はダメって本当?

A.基本的にダメですが一部例外が認められています。

基本的に単発派遣や病院派遣は、この例外に当たるケースで派遣をしています。

 

単発派遣の例外

以下に該当する人を派遣する場合
(ア)60歳以上の人
(イ)雇用保険の適用を受けない学生
(ウ)副業として日雇派遣に従事する人
(エ)主たる生計者でない人
(ウ)は生業収入が500万円以上、(エ)は世帯収入が500万円以上の場合に限ります。

引用:派遣元事業主・派遣先の皆様|厚生労働省

単発派遣の場合は上記の条件に合致する人が行えます。要約すると副業ならありですよという感じです。

それと管理薬剤師と公務員薬剤師は、法律により違う職場で薬剤師業務を行うことが禁止されています。

そこはしっかりと押さえておきましょう。

 

病院派遣の例外

ただし、下記①~③のいずれかに該当する場合は、医療関係業務について労働者派遣
事業を行うことが認められています。
① 紹介予定派遣をする場合
② 当該業務が産前産後休業、育児休業、介護休業を取得した労働者の業務である場合
③ 医師の業務であって、当該業務に従事する派遣労働者の就業の場所が以下のいずれ
かに該当する場合
・ へき地(※4)にある場合
・ 地域における医療の確保のためには医業に派遣労働者を従事させる必要があると
して厚生労働省令で定める場所(※5)である場合(へき地にあるものを除く。)

引用:労働者派遣事業を行うことができない業務は – 厚生労働省

続けて病院派遣の場合です。病院の場合は特別な事情が無い場合は、紹介予定派遣ならありですよといった感じです。

 

迷ったならばこの3つの派遣会社に登録しよう

→口コミを見る

派遣求人数が多く高時給派遣が充実

登録

→口コミを見る

高時給派遣が多く、3か月で育休が取得できる

登録

→口コミを見る

派遣求人数が非常に多く、単発派遣も充実している

登録

そして派遣会社で悩んだのであれば、とりあえずこの3社に登録すれば大丈夫です。

この3つで大体の求人をカバーすることが可能です。アプロは単発派遣にも対応しているので安心ですね。

キメ子
キメ子

以上でおすすめの派遣会社の紹介を終わります。参考になれば幸いです。

薬剤師派遣の記事をもっと見る

 

この記事のコメント

タイトルとURLをコピーしました